• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

紙の規格・寸法

紙の基礎知識『JIS規格で定められた紙寸法』

紙のサイズの系統にはA列、B列、四六判、菊判、ハトロン判、AB判などがあります。
また、日本ではJIS規格(日本工業規格)により紙のサイズは定められており、「原紙寸法」「仕上がり寸法」の2種類とされています。

これから記述します紙のサイズはJIS規格によって定められた基準となるものですが、朝西紙商事ではお客様のご要望に合わせた紙のサイズに裁断致します。紙のサイズについてはお気軽にお問い合わせ下さい。

JIS規格による原紙寸法

JIS規格による原紙寸法

四六判 788×1091
四六半才判 788×546
A列本判 625×880
B列本判 765×1085
AB判 880×1085
ハトロン判 900×1200
菊判 636×939

JIS規格(日本工業規格)主な紙の仕上げ寸法

番号 A列(mm×mm) 枚数 B列(mm×mm) 枚数 番号 A列(mm×mm) B列(mm×mm)
1 841×594

-

1,030× 728

-

7 105×74 128×9
2 594×420 - 728× 515 - 8 74×52 91×64
3 420×297 A3 4枚 515×364 B3 4枚 9 52×37 64×45
4 297×210 A4 10枚 364×257 B4 8枚 10 37×26 45×32
5 210×148 A5 25枚 257×182 B5 24枚 11 26×18 32×22
6 148×105 A6 50枚 182×128 B6 32枚 12 18×13 22×16

JIS規格により仕上がりの寸法の縦と横の比率が決められています。
この比率の関係は人が見て美しいと感じ、紙を使う上で効率が良いとされている寸法サイズになります。

※上記以外にも写真サイズなど用途に合わせて裁断いたします。

  • このページの先頭へ戻る
Copyright © ペーパークラフト・クラフトパンチ・クイリング専門紙は朝西紙商事 All Rights Reserved.